『過払い金』に強い弁護士を池袋でお探しの方は弁護士法人心 池袋法律事務所

弁護士による過払い金返還請求@池袋

Q&A

過払い金返還請求にデメリットはありますか?

  • 文責:所長 弁護士 田中浩登
  • 最終更新日:2021年6月11日

1 過払い金とは

過払い金とは、簡単にいうと、借主が貸金業者等の貸主に返済しすぎたお金です。

利息制限法に定める上限利率を超える高い利率でお金を借りていた場合に、利息が払いすぎになっていることがあり、この払いすぎた分が過払い金です。

過払い金返還請求をするに当たって、既に完済している業者に対して過払い金返還請求をする場合と、今も債務が残っている業者に対して過払い金返還請求をする場合があります。

過払金返還請求にデメリットが生じるかどうかは、完済しているかどうかで変わってきます。

2 過払金返還請求のデメリットはなにか

⑴ 過払い金返還請求の一番のデメリットは、今も債務が残っている業者に対して行う場合、信用情報機関に事故情報が登録されてしまう可能性があることです(いわゆるブラックリストに載るということになります。)。

今も債務が残っている業者に対して過払い金返還請求を行った結果、過払い金がなかったり、残債務よりも過払い金の方が少額であって借金が1円でも残ってしまったりした場合には債務整理をしたのと同じ扱いになります。

そうすると、信用情報機関に事故情報が登録される可能性は非常に高くなります。

ブラックリストに登録されると新規の借入れやクレジットカードの作成ができなくなるなど、様々なデメリットが生じます。

⑵ 債務を完済した後に過払い金返還請求を行う場合には、ブラックリストに登録されることはありません。

ただし、クレジットカードのショッピングを利用していて、来月の支払が残っている場合など、自分では完済していたと思い込んでいて実はショッピングの残債があるケースもあります。

そのような可能性を排除するために、過払金返還請求をする前に一度確認した方がよいでしょう。

3 今も債務が残っている業者に対して請求する場合のデメリットの回避方法

では、今も債務が残っている業者に対して過払金返還請求をしようとする場合、ブラックリストに載らないようにするにはどうすればよいでしょうか。

まず、残債務額がそれほど多くない場合は、完済してから過払い金請求をすることが考えられます。

残債をなくしてしまえば完済事案になりますので、ブラックリストに載ることはなくなります。

もう一つ考えられる方法は、債務額よりも過払い金の方が多いことが明らかであることを確認してから、業者に請求する方法です。

この方法は、先に過払い金があるかどうか計算をしなければなりませんので、あらかじめご自身で取引履歴を取得していただいて、弁護士にその取引履歴を渡して計算してもらうことで過払い金が返ってくるかどうか確認するとよいでしょう。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ