池袋で『自己破産』なら【弁護士法人心 池袋法律事務所】

弁護士による自己破産@池袋

Q&A

自己破産した後にクレジットカードを作ることはできますか?

  • 文責:所長 弁護士 田中浩登
  • 最終更新日:2022年2月1日

1 自己破産をすると事故情報が記載される

自己破産をすると、信用情報に事故情報が記載されることになります。

事故情報に載ることをブラックリストに載るといいます。

ブラックリストに載ると、既に持っているカードのうち、自己破産をした債権者のカードは使えなくなりますし、新たにクレジットカードを作ることも難しくなります。

もっとも、自己破産をしたからといって、永遠にブラックリストに記載されるわけではありません。

信用情報機関の種類、債権者にもよりますが、一定の期間が経過すれば、自己破産をした情報は削除されることになります。

2 自己破産をすると最低何年ブラックリストに載るのか

自己破産をすると、免責決定から最低でも5年はブラックリストに載ったままになります。

また、5年経過してブラックリストから事故情報が削除された場合でも、信用情報がいったん白紙の状態になります。

そのため、まったく取引実績がないとみられるため、審査が厳しくなる可能性があります。

3 自己破産後に銀行系のカードを作るには

銀行系のクレジットカードは、審査時に全ての信用情報機関に照会をかけて信用情報を調査する可能性があります。

そのため、破産開始決定から10年は事故情報が残っているため、クレジットカードが作れる可能性は低いでしょう。

4 クレジットカードの審査で一番確認される信用情報機関

クレジットカード会社は、割賦販売法に基づいて、必ずCICの情報を調査します。

したがって、クレジットカードの審査にあたって一番大事なのは、CICということになります。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ