交通事故で怪我をしたときに注意すべき通院時のポイント4

これまでお受けした様々な交通事故相談を踏まえ,交通事故を多数取り扱う弁護士から,交通事故の被害に遭ってしまった場合にあとで後悔しないように,ぜひ知っておいていただきたいことお話させていただきます。

前回,前々回は,「通院の頻度が少なすぎても,多すぎても,不利に取り扱われる恐れがある。」ということをお話ししました。

今回は,「適切な期間の治療を認めてもらうにはどうすべきか(医師編)」についてお話しします。

結論から申し上げますと,不当な早期治療打ち切りを受けないためには,医師と相手方保険会社の担当者双方との適切なコミュニケーションが何よりも重要です。

相手方保険会社は,治療の打ち切りを被害者本人に打診する前に,主治医に「医療照会」を行うことが多いです。

この「医療照会」とは,現時点での症状はどうか,今後も治療を続ける必要があるかどうかを確認するというものです。

この照会に対して,主治医が「症状は一進一退である。」等と回答してしまうと,これ以上治療しても効果がないからと,治療打ち切りとなってしまいます。

つまり,まだ痛みがあり,かつ病院での治療の効果が上がっているとご自身で実感しているのであれば,診察やリハビリの際にその旨をしっかり伝えておく必要があります。

また,患者の状態がよく分からないと,主治医も相手方保険会社担当者に対して積極的に「まだ治療が必要である。」とは言ってくれません。

ですので,診察の際には、現在の症状・治療の効果・治療の継続を希望することなどを、しっかりと伝えるようにしましょう。

また,大事なことですが,主治医やスタッフさんへの気遣いも忘れないようにしましょう。

医師も人ですので,良い関係が築けている患者さんには,力になってあげたいと思うものなのです。

ブログ一覧はこちら

交通事故で怪我をしたときに注意すべき通院時のポイント3

交通事故を集中的に取り扱っている弁護士が,これまでお受けした多数の交通事故相談を踏まえ,交通事故の被害に遭ってしまった場合に備えて,後悔しないように知っておいていただきたいことお伝えいたします。

前回は,「通院の頻度が少なすぎると,お体の治りが遅くなるだけでなく賠償等でも不利となるおそれがある。」ということをお話ししました。

今回は,前回に引き続き,「通院の頻度」についてお話しいたします。

前回通院頻度が少なすぎることは,不利になる可能性について言及いたしましたが,一方で通院頻度が多すぎることも問題となりえます。

体の回復という観点からみて,毎日リハビリに通った場合と,週に2~3回通った場合を比較して,前者のほうが後者の3倍早く良くなるというわけではありません。

もしかすると,医師から,「初めのうちはリハビリに毎日通ってもいいですよ。」と言われるかもしれませんが,おそらく医師も何か月も毎日リハビリに通うよう指示することはないはずです。

頑張って時間を作り,リハビリに通っても,その労力に見合った治療効果は得られないのであれば,貴重な時間と労力を無駄にしないためにも,適切な頻度にとどめておくほうがよいといえます。

また,賠償の観点からみても,何か月も毎日リハビリをすることは,「過剰治療」,「漫然治療」と判断される可能性があります。

なぜなら,何か月も毎日リハビリに通い,それでも治っていないというのであれば,それはリハビリの効果が出ていないことを示しているからです。

治療効果が出ている場合は,通院の頻度がだんだんと少なくなり,治療の部位も少なくなっていくのが自然な治療経過です。

そうでない場合は,治療効果の出ていないムダな治療をしているとみられ,治療費支払いを早期に打ち切られたり,治療の必要性を争われたりする可能性があります。

特に,毎日同じマッサージだけで,治療内容が変わっていないにもかかわらず,何か月もリハビリが続けられているという場合は,仮に裁判となった場合も,治療の必要性が乏しいとして治療費が減額される可能性があります。

具体的に,自分はどれくらいの頻度で通院すればよいかについては,症状の程度等にもよりますので,一度弁護士までご相談ください。

ブログ一覧はこちら

交通事故で怪我をしたときに注意すべき通院時のポイント2

交通事故を集中的に取り扱う弁護士が,これまで乗ってきた多数の交通事故相談を踏まえ,交通事故の被害に遭ってしまった場合に備えて,後悔しないように知っておいていただきたいことお伝えいたします。

前回は,「医師へ話したことはのちに有利にも不利にも決定的な証拠となる。」ということ,「痛みがあるところは全て医師にしっかりと伝える。」ということをお話ししました。
今回は,「通院の頻度」についてお話しいたします。

むち打ちなどの場合は,炎症がある程度治まったら,痛み止めを飲んで家で安静にしているよりも,病院でしっかりとリハビリを行うほうが早期回復への近道となるケースが多い(もちろん,症状の程度によります)ですので,できれば週に2~3回程度,しっかりとリハビリを行っていただくのをお勧めしております。

なかには,お仕事が忙しいなど,頻繁にリハビリに通えないとおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが,痛みを我慢して無理をすると,痛みが慢性化し治らなくなってしまうこともあります。
また,賠償の観点からみると,病院へあまり行っていないとそれほど症状が重くないと見られ,治療費支払いが早期打ち切りとなったり,もし治療終了後に症状が残っていたとしても後遺障害認定に不利となったりします。
さらに,通院の間隔が1か月空いてしまうと,その後の通院について事故との因果関係がないと判断される可能性が非常に高くなります。

被害者の側からすれば,仕事等で痛みを我慢しなければならなかったのにこんな不利な扱いを受けなければならないのかと憤りを感じる点かと思いますが,裁判においても「痛みがあるならば病院へ通うはず。」と考える裁判官が多いですので,個別の事情を説明したとしてもこの点は覆らない可能性が高いと言えます。

もし,仕事で病院へ頻繁に通うのが難しい場合は,例えば受付時間が長い病院や,職場近くの病院へ転院することも一つの手段です。
転院時は,事前に通院の関係で転院したい旨主治医に告げ,診療情報提供書を作成してもらってから転院してください。
保険会社が治療費の支払いをしてくれている場合は,転院前に余裕をもってその旨を伝えておくと手続きがスムーズです。

ブログ一覧はこちら