交通事故で怪我をしたときに注意すべきポイント(後遺障害)6

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

これまで交通事故の案件を数百件以上集中的に取り扱ってきた弁護士として,交通事故の被害に遭ってしまった際に後悔しないために,皆様へぜひ知っておいていただきたいことをお話させていただきます。

前回は,「ほとんど病院に行っていないや間隔が空きすぎている場合は,後遺障害として認定される可能性は低い。」とお話ししました。

今回は,「後遺障害として認定してもらうために注意すべきこと(要件その2)」として,前回に引き続き,むちうちにおいて後遺障害が認定されないケースについてお話しします。

後遺障害が認定される可能性が極めて低いケースの2番目が,事故から症状固定までの期間が半年以下というケースです。

むちうちについては,最低でも半年以上は通院しているような重症のケースでなければ,その後もずっと残存する後遺障害とは認定されにくいのです。

ところが,相手方保険会社の担当者の中には,症状固定を早めて治療費を抑え,かつ被害者を無理やり納得させるために,「○○さんの怪我は重症だから,早めに後遺障害の申請をしましょう。後遺障害として認定されれば,その分の保険金が出るので安心ですよ。」などと言って,事故から4か月程度で医師に後遺障害診断書を書かせるといった手法をとる方がいらっしゃるようです。

実際は,上で述べたとおり,4か月程度の通院ではむちうちで後遺障害と認定される可能性はほぼありませんが,非該当として結果が帰ってきても,担当者は「自分としては絶対に認定されると思っていたが,これは自賠責の判断なので何ともできない。」などと責任を逃れることができます。

さらに,この段階で被害者の方が弁護士にご相談いただいても,医師によって症状固定日が後遺障害診断書にすでに記載されているため,これを覆すことは非常に困難となり,泣き寝入りをするしかないという状況になります。

そのため,後遺障害を申請するかしないかにかかわらず,通院時にこのようなことを事前に知っておかないと,いざ後遺障害を申請したいと思っても,申請するだけ無駄という状況になりかねません。

当法人では,ホームページ等で,事故に遭ったらとにかくすぐ弁護士へご相談いただくようお勧めしておりますが,それはこのような被害者が泣き寝入りとなってしまう悲しい事態を防ぐという意味があるのです。

もっとも,事前にこういったリスクについて知らなければ,そもそも弁護士に相談する必要性を感じない方がほとんどかと思います。 私のブログが,皆様にとって何らかの知識・情報提供となり,一人でも多くの交通事故被害者の方が理不尽な思いをしない世の中になれば幸いです。

ブログ一覧はこちら

交通事故で怪我をしたときに注意すべきポイント(後遺障害)5

弁護士として,これまで交通事故の案件を数百件以上集中的に取り扱ってきた経験をもとに,交通事故の被害に遭ってしまった際に後悔しないために皆様へぜひ知っておいていただきたいことをお話させていただきます。

前回は,「むちうちで後遺障害が認定されるかどうかは見極めが困難である。」とお話ししました。

今回は,「後遺障害として認定してもらうために注意すべきこと(要件その1)」として,むちうちにおいて後遺障害が認定されないケースについてお話しします。

まず,後遺障害が認定される可能性が極めて低いケースとして代表的なものが,ほとんど病院に行っていないケースです。

初診の病院があまり治療に積極的でない所だった場合,「痛み止めを出すので自宅で安静にしていてください。」とだけ言われ,医師の指示どおり特に通院することなく,何か月も痛み止めだけを飲んで安静にしていたという方もいらっしゃるようです。

そういった方が,「痛みが残っているから後遺障害として申請したい。」と考えたとしても,非該当(後遺障害として認定されない)という結果に終わる可能性が非常に高いです。

なぜなら,むちうちは他覚的所見がない場合が多い(画像や神経学的検査などで痛みの原因がはっきりと表れない)ため,どの程度通院しており,その際のどのように患者が痛みを訴えているかという事情が,後遺障害に該当するかの判断において重要となるところ,通院していなければそのような材料がほとんど出てこないからです。

また,定期的に通院はしていても,通院の間隔が一か月以上空いてしまっている場合や,事故から一か月以上後になってから通院を開始した場合は,そもそも事故と症状との因果関係がないとして,後遺障害に当たらないと判断される可能性が高いといえます。

次回も,「後遺障害として認定してもらうために注意すべきこと(要件その2)」として,引き続きむちうちにおいて後遺障害が認定されないケースについてお話しします。

ブログ一覧はこちら

交通事故で怪我をしたときに注意すべきポイント(後遺障害)4

弁護士として交通事故の案件を数百件以上集中的に取り扱ってきた経験をもとに,交通事故の被害に遭ってしまった際に後悔しないよう,皆様へぜひ知っておいていただきたいことをお話させていただきます。

前回は,「後遺障害を申請する際は,被害者請求の方法で行うべきである。」とお話ししました。

今回は,「後遺障害として認定してもらうために注意すべきこと(認定の実態)」についてお話しします。

交通事故で怪我をされた方の多くは,頚椎捻挫や腰椎捻挫,外傷性頚部症候群といった,いわゆるむちうちといわれる症状に苦しんでいます。

そして,このような症状の場合,認定される可能性のある後遺障害は14級9号が12級13号のどちらかですが,ここ最近は認定のハードルがかなり上がっているため,通院時からしっかり準備しておかなければむちうちで後遺障害が認定されること自体かなり困難というのが現状です。

当法人には,自賠責調査事務所で長年後遺障害の認定にかかわっていたスタッフが在籍しているため,どのようなポイントが認定に必要かといった内部事情にかなり精通しています。

そのため,私がご依頼を受けた場合には,後遺障害が認定される確率を高めるためのアドバイスをさせていただいております。

もっとも,「こうすれば必ず認定される。」という魔法の道具のようなものはありません。

むちうちの場合,自賠責調査事務所の担当者によって,認定されるかどうかその匙加減が大きく変わってしまうからです。

よく,被害者の方から,「後遺障害が認定される確率は何パーセントくらいでしょうか。」と聞かれることがありますが,認定されないケースかどうかの判断は非常に高い確率でできても,認定されるケースかどうかという判断はできないというのが正直なところです。

次回は,「後遺障害として認定してもらうために注意すべきこと(要件その1)」として,「むちうちにおいて後遺障害が認定されないケースとはどのようなものか。」についてお話しします。

ブログ一覧はこちら