池袋で弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください。

弁護士法人心 池袋法律事務所

労災

詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

労災について弁護士に相談したほうが良い理由

  • 文責:所長 弁護士 田中浩登
  • 最終更新日:2022年8月31日

1 労災の手続きや会社との話し合いを任せられる

労災(労働災害)とは、通勤中・勤務中に発生したけがや病気のことです。

もしも労災に遭った場合は、労災の手続きや会社側との話し合いを行っていくことになります。

労災に詳しいという方はあまり多くないかと思いますし、実際に手続き等を行うことになった場合には、対応方法などを調べながら進めていくことになるかと思います。

しかし、けがや病気の治療をしながら、労災の手続きや話し合いを行うのはご負担が大きいかと思いますので、弁護士にお任せいただくことをおすすめします。

労災に詳しい弁護士にお任せいただければ、ご自身は安心して治療に専念できるかと思います。

2 障害(補償)給付申請を行う場合

労災で重傷を負い、症状が残ってしまった場合、障害(補償)給付申請を行い認定されれば、認定された等級に応じて障害(補償)給付が支給されます。

障害(補償)給付は、等級によって支給される金額が大きく変わりますので、症状に応じた適切な等級が認定されることが重要です。

労災に詳しい弁護士にご相談いただければ、適切な等級が認定されるために治療中から気をつけるべきこと等のアドバイスが受けられるかと思います。

3 損害賠償請求を行う場合

労災が発生したことについて会社側に過失がある場合には、会社に対して民事上の損害賠償請求ができるケースがあります。

しかし、会社が労災に関する責任を認めないこともありますので、損害賠償請求をするために重要なのは、労災が発生した直後から、適切に事実関係を把握し、会社側の過失を証明する証拠を集めておくことです。

ご自身で適切に証拠を収集することは難しいかと思いますので、損害賠償請求を行う場合は、労災に詳しい弁護士にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

労災でお悩みの方へ

弁護士にご相談ください

業務中の事故などで負傷した場合、多くは労働災害として扱われます。

ですが実際にはどのように労災の手続きをしたらよいかわからないという方や、会社側に損害賠償を請求できるのか疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

労災の手続きは煩雑であり、事業主が労災であることを認めなかったりするケースもありますので、ご自身が事故などで負傷された状態では、労災の手続きや事業主との交渉などを行うことが心身ともにご負担になるのではないかと思われます。

そのため、労災でお悩みの方は弁護士にご相談されることをおすすめします。

弁護士が依頼者の方の代理人として、会社と話し合いを行う等の対応をさせていただきます。

また、会社側に過失がある場合は、損害賠償が請求できるケースもあります。

そういった場合にも、弁護士が適切に対応させていただきますので、労災は弁護士にお任せください。

弁護士法人心では

労災についてお悩みの方は、当法人にご相談ください。

労災問題を取り扱う弁護士が、安心してご相談いただけるよう丁寧に対応させていただきます。

ご相談の際もご来所いただくのに便利なよう当法人の事務所は駅から近い場所にございます。

池袋で弁護士をお探しの方は、当法人にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ