池袋で弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください。

弁護士法人心 <span>池袋法律事務所</span>

Q&A

家族の借金について弁護士に相談できますか?

1 家族の借金が発覚!

配偶者や親,子など,家族に借金があることが判明した場合,どうしたらよいのでしょうか。

借金をした本人が返済していければ良いのですが,必ずしも,返済していけるとは限りません。

そこで,借金を解決する方策として,いわゆる債務整理を行うことが考えられます。

2 家族による相談の可否

では,借金をした本人以外の家族が,借金に関する相談を弁護士にすることができるのでしょうか。

結論から言えば,できません。

借金の問題は,個人情報に関わることですし,あくまでも個人の問題です。

そのため,たとえ家族であっても,許可なく教えたりすることはできません。

3 家族による相談を可能にする方策はないのか

上記のとおり,弁護士としては,家族からの相談には応じられないというのが基本的な回答となります。

では,家族による相談もできるようにする方策はないのでしょうか。

たとえば,本人が家族に対し委任状を渡し,家族が委任を受けたとして相談するということも考えられます。

しかしながら,委任は本人の意思に基づくことが必要ですので,本人の意思によるものか確認する必要が生じます。

また,債務整理と言っても,任意整理,個人再生,自己破産などと言った方針があり,いずれによるのか,最終的には本人の意思によるところが大きいものといえます。

そのため,委任状だけで手続を進めることもできませんので,やはり,本人抜きで家族のみでの相談は難しいといえます。

4 借金が家族への影響を与えるのか

家族による相談が難しいとなると,本人が債務整理に消去的だったりした場合,借金を解決することは難しくなります。

とはいえ,借金が家族の生活にも影響を与えないか不安になるでしょう。

確かに,借金返済のために使える生活費が減少するなどの事実上の影響が及ぶことは否定できません。

しかしながら,基本的には,借金の保証人になっていない限り,たとえ配偶者,親,子という関係にあったとしても,本人が支払いすることができなくなったとしても,本人に代わり返済義務を負うことはありません。

ただし,「借金の保証人になっていない限り」と記載したとおり,保証人になっている場合には,本人が返済できなくなった場合,保証人として返済義務を負うことになります。

また,本人が完済する前に亡くなった場合,遺産として相続することがあります。

そのため,本人が完済する前に亡くなった場合には,相続放棄を行うなど検討する必要があります。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア